第10回ヒトクセ開発合宿

こんにちは!サーバーサイドエンジニアの高野です。

7月15日から17日にかけて開発合宿を開催しました!
記念すべき第10回となる今回は、ヒトクセ内で最も評判の高い旅館「土善旅館」にて開催しました。

参加人数はなんと、過去最大となる17名!うちヒトクセ外からのエンジニアや学生の参加者は8名と、外部参加者が半分を占めるイベントとなりました。

この記事では当日の概要や様子について簡単にお伝えします!

■概要
・日程 2017年7月15日(土)〜17日(月・祝)
・会場 土善旅館(千葉県香取郡東庄町)
・スケジュール
– 1日目
– 移動
– 昼食
– 自己紹介・チーム募集
– ライトニングトーク
– 開発
– 夕食
– 開発
– 2日目
– 朝食
– 中間発表
– 開発
– 昼食
– 開発
– 最終発表・投票
– 懇親会
– 3日目
– 朝食
– 自由行動
以下、写真を中心に当日の様子をお伝えします。

■1日目の様子

朝8:30に浜松町駅に集合し、眠い目をこすりながらバスに乗り込みます。
約2時間ほどバスに揺られ、お昼頃に到着。

まず、昼食は旅館近くのトンカツ屋さんにお邪魔しました。
かなりビッグサイズです。

初めはお互い知らない同士でしたが、やはりそこはエンジニア。技術の話で完全に打ち解けました!

主な会場となる旅館の開発部屋に戻ると、、過去最大規模の会議室が迎えてくれました!

参加者の自己紹介を済ませた後、最初のコンテンツはライトニングトーク!

外部参加者も含め、下記3つのテーマでプレゼンが披露されました。
– ブロックチェーン入門
– GitHub API
– 最強のゲームAIを作るには?

こちらではヒトクセCEOの宮崎が、自ら開発した四目並べのAIを披露しています。

その後は各々が自ら設定した開発課題に取り組みます。
広い部屋で強力なWiFiを使い、快適に開発することができました!

18:00には一旦開発を中断し、夕食をとります。

環境構築に詰まっても、周りのエンジニアに相談すると、すぐに解決のヒントがもらえます。
一人で開発するより有意義に時間を過ごすことができますね!

夕食後は、ヒトクセCTOの長尾によるライトニングトークがありました。
テーマは「12 Factor Appのすすめ」。トーク後には遠慮のない質疑が飛び交いました。

その後は遅くまで解決する人も、早めに休んで翌日の開発への英気を養う人も。
温泉が24時間入れるところがたいへんありがたかったですね!

■2日目の様子

2日目は8:30の朝食後、中間発表が始まります。
それぞれ取り組んでいる課題について説明し、詰まっているところを発表すると、グループチャットで解決アイデアが飛び交いました。

個人的に、この場面はかなり勉強になりました・・・!

この日は19:00からの最終発表まで、後はひたすら自分とPCに向き合う時間です。

そんな真剣な開発風景に、ある事件が!

{{{ぬこ様!!!!}}}
土善旅館のぬこ様、はなちゃんが遊びに来たようです。
開発で蓄積した披露が癒され、より集中して残りの時間を過ごせた・・・かも?

旅館の庭園です。眺めていると落ち着きます。
また追い込みの途中、なんと旅館からの差し入れが!!

糖分を摂取できて、たいへん助かりました・・・!
土善旅館さん、ありがとうございます。

そして夕食後、ついに迎える最終発表の時間。

いくつかのテーマを抜粋します。
– 婚活サービスの招待QRコード生成とソーシャルメディアへの自動投稿
– Microsoft Translator APIを用いた翻訳アプリ
– Cinema 4Dを用いた3Dアニメーション
– 「Yahoo!クソ袋」のQnAサイト自動生成
– クリエイティブ制作ツールのバージョンアップ
– SNSユーザーの分析ツール開発
– Webページの視線トラッキングツール開発
– シェアハウスの冷蔵庫の中身を管理するPHPアプリケーション
– きのこたけのこ戦争を平和に遂行するRailsアプリケーション
– Google Cloud Platformの各サービスを使ってみた

その後は懇親会。お互いの技術を讃え合い、楽しくお酒を飲みました。
中には旅館の卓球場で白熱した勝負をする人がいれば、ファミリーコンピュータに興じる人々も。
後半ではヒトクセ伝統のボードゲーム「カタン」で盛り上がる等、楽しい一夜を過ごしました。

また開催する機会があれば開催したいですね!!