【6月MVPインタビューvol.1】みんなを巻き込む「ハリケーン山本」とは?

こんにちは!
ヒトクセNo.1サウナーの植嶋です。

ヒトクセでは”バリューを体現していると思う人”に社員同士が投票し、毎月MVPを選出しています。
2022年6月は管理部の山本さん、ビジネス開発本部の井上さんのダブル受賞!!

せっかくなので、MVPを獲得した二人にインタビューをしました!
vol.1では山本さんへのインタビューを紹介します!!

是非最後までお付き合いください。

6月MVPの二人(左:井上さん、右:山本さん)

受賞を知ったときの気持ちは?

ーーーーーMVPを受賞したときの気持ちはどうでしたか?

山本:
「やったー!よっし!」とガッツポーズでした(笑)

って言うのは冗談で、みんなが投票してくれた事がシンプルに嬉しかったです。
嬉しかった理由は、Googleformにわざわざ書いてくれたことですかね。
手を動かすことは面倒だけど、わざわざ時間を割いて投票してくれたことが嬉しかったです。

あとは、自分の普段の働きが評価されているということも嬉しかったですね。
 

ーーーーー新MVP制度で評価されるのと、半年に一度の人事評価で経営陣に評価されるのとで心理的な違いはありますか?

山本:
まず初めに、人事評価は給与に反映されるし、フェーズとして一段階上がったことを実感できるので中長期的なモチベーションになりますね。

一方で、MVP制度の場合は、今月MVPを取れたから来月も取れるように頑張ろうと短期的なモチベーションになるイメージです。

 

新バリュー「みんなで楽しめ」を体現できた理由とは?

ーーーーー「みんなで楽しめ!」のバリュー体現で評価されていましたね!
いつもSlackのrandomチャンネルで色々なことを投稿していたり、ブログやnoteの執筆、社内外の発信回数が多く、それを評価されての受賞ですが、意識して発信回数を多くしているのですか??

山本:

もともと発信は多い方でしたが、意図的に増やしました。

理由は、他のメンバーが「ヒトクセに入社してよかった」って思える環境にしたいからです。
だから、みんなのためにできることはなにか考えて行動した結果、MVPになっていました。
みんなのヒトクセへの帰属意識が少しでも強くなってくれたら嬉しいです。

例えば、健康保険を変更しましたが、
「ヒトクセは協会けんぽではなく、関東ITSだからいい」みたいに小さな比較でいいから、メリットを感じてもらえたらいいなと思っています。

山本さんへのインタビューブログ「ベンチャーを開墾!裁量を求め入社した法務を紹介」
山本さん執筆note「【関東ITS / 福利厚生第1弾】 祝★関東ITSに加入!」
 
ーーーーー山本さんってヒトクセの事が、めちゃくちゃピュアに好きなんですね(笑)
シンプルにいい人やんって思っちゃいました(笑)

山本:
前職は、社内施設はとても充実していたけど、仕事に面白さを感じられなかったんですよね。
同じ想いで働いてほしくなくて・・・。
みんなのエンゲージメントをあげたいんですよね。

 
ーーーーー前職とヒトクセの違いってなんですか?

山本:
ヒトクセは頑張った分だけ評価されるし、そもそもその評価が正しいのかにも立ち返ってくれるところがいいなと思っています。前職は、業務負荷は上がるのに給料が全然上がらなかった。評価も主観的だったりしたのでモチベーションは著しく低下していきました。

 
ーーーーー他にも部署を超えた繋がりやコミュニケーションの機会を作っていることも、評価されていましたが、今回noteでも取り上げていた「関東ITSの特典を享受する会」の主催をしたきっかけは?

山本:
自分が、関東ITSに移行させたからですかね。

他にも何か考えたいと思っています。
例えば、会社にユニークな制度を入れたいですね。
今思いついているものだと、ズル休み休暇みたいなものとかあったらいいですよね(笑)
Slackで「ズル休みします!」と宣言すれば、当日の朝でもズル休みができるみたいな。

でも、新卒1、2年目の子ががどういう制度がほしいか聞いてみたいですね。
実際に聞いてみて本当に必要とされるような制度を作っていきたいです。
俺がこの制度を作ったと誇れるような、ふざけた制度を作りたいです。

 

MVP賞金の使い道は?

ーーーーー最後に、賞金は何に使いますか??

山本:
歯の治療に当てます(笑)
ヒトクセのオフィスが入っているビルの1Fに新しく歯医者ができたんですけど、そこに行ったら虫歯が3本あることが発覚したので、銀歯ではなくプラスチック性の良い詰め物を入れます。
みんな、歯磨きだけじゃなくて、しっかりフロスも使いましょう(笑)

 
ーーーーー山本さんありがとうございました!!!

vol.2〜井上編〜
もお楽しみに!!